フグ研

豪華な顔ぶれで、さながら研究所は野戦病院の様になった。

P1010735

手前が浅川教授で、右側が木下助教。夫々違った作業をしている。

P1010714

腹びれの上部あたりから注射針を打ち込んで、脊髄の下に通っている血管から直接採血をする。

P1010709

沢山の違った血液のサンプルを採取できた。

P1010716

P1010722

500尾のトラフグからヒレを採取している。

P1010711

サンプルを固定する。

P1010749

東大の研究グループ。今回のサンプルから色々なデーターが出て来る。

DNAの解析で、トラフグを様々な角度で見る事が可能になっている。

Comments are closed.