海の王様と森のきのこ

萩の宿 常茂恵(ともえ)の女将さんから、今年の4月の早朝に突然電話があった。

「もしもし、常茂恵です。キノコの入った雑炊を造ってね」突然、前触れも無く唐突な電話だった。

どうしたんですか、「それが夢枕でタモギダケ(薬効が素晴らしいと言われるキノコ)を使った雑炊を造る様にと言われたのよ」

と女将が私に言った。

簡単に言われるけど、製品開発には色々と準備とかリサーチとか必要で、何かと大変なんだけど、、、、

と言う私の話しは聞いてもらえなかった。兎に角「造りましょうね」笑顔、、、、

其れからが大変だった。拘ったのは折角のキノコである。最高の仕上がりで、化学調味料は使用せず、便利な物が良いわね、との注文だった。タモギダケは福岡県北九州市八幡西区で、直方市に近い山間部で飯野さんが造られている。

おそらく西日本ではここでしか製造されてないと思う。

P1010425

こんなキノコでソフトボール位の大きさだ。

このタモギダケを天ぷらにして食べたら最高に美味しかった。そしてふぐ雑炊に入れて食べてみたら何と相性が素晴らしい。

早々に試作に取りかかり、レトルト製品に仕上げてみた。化学調味料は一切使用しないでどのように美味しさを引き出すか。

天然の酵母エキスとトラフグ魚醤で味を整え、トラフグの身で旨味を出し、そしてタモギダケで仕上げてみた。

口の中に広がる美味しさは天然の持つ滋味そのものになった。

P1010792

タモギダケ入りのトラフグ雑炊、調理米飯を一緒にセットし乾燥たまごと乾燥ネギを入れて、常温の品質保証期間が6ヶ月。

消費税込みの価格が ¥1,260円。

味覚の秋に是非お召し上がり頂きたい。

常茂恵の女将さんにも大喜びして頂いた。とても感謝している。

Comments are closed.