検査

半年ぶりに関門医療センターを訪れた。

目的は健康診断で、以前血圧が高くて金原先生にお世話になって以来の再診で予約して訪問した。

入り口で診察券をいれて、手順に従って受付で手続きをしていて驚いた。

ご高齢のおばさんに割り込まれて、強引に手続きをして平気な顔でゆったりと立ち去られた。悔しくも3人のおばさんに割り込まれてしまった。

むむむ、不覚をとってしまった。が、これが今の医療現場の現実だとも思い知らされた。

11時の予約が、色々と検査も有って2時半に先生の診察をうけた。

先生に最近血圧が下がらないのですがと正直に言ったら、、、

先生「そりゃー、薬を飲まんと下がりませんよ」とすらりと言われてしまった。

自分の事だから自己管理をしなければ私は責任を持てませんよ、と先生に言われて後悔をした。

半年間、診察をサボり、薬も飲まなかった。自分は運動のお陰で血圧の問題は解決したと過信してしまっていた。

先生曰く「だから脳卒中は減らないんですよ」

はははははははは、はぁー、と平身低頭をしたら、気長に自分と向き合って、薬を飲むだけですよ。

と言われ、とても反省をした。おばさん達に割り込まれて怒っている場合ではない。

先生、良い子にするから此れからも診察してね。と病院を後にするときに素直に思った。

しかし、先生随分怒ってたなぁ。「ご免なさい」

Comments are closed.