下関の山 霊鷲山

霊鷲山と書いて りょうじゅぜん と読みます。

この山の山頂に仏舎利塔があり、子供の頃は「ぶっしゃりとう」と言っていました。

20年ぶりにトレッキングで登りましたが、山道は10kmあり、歩数では16,000歩でした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%8A%E9%B7%B2%E5%B1%B1_(%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E7%9C%8C

IMG_3625S__8773663

 

便利な、調理済「ふぐスティックフライ」冷凍食品

簡単で便利な、調理済「ふぐスティックフライ」です。

冷凍庫から出して解凍するだけで、すぐに召し上がれます。解凍しても「ドリップ」が出ず、衣も取れません。

お酒のおつまみ、お弁当のおかず、サラダにと、色々と便利です。

変わった食べ方として、うどんやラーメンのトッピングでも「まいうー」です。

定価200gが税込1,000円ですが、今なら税込800円でお買い得セール中です。8月31日迄です。

何卒宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ http://kawaku.com

IMG_3433IMG_3548

みもすそ川残影

IMG_3570

弊社の河久唐戸店から海沿の関門海峡下関側を東に1kmほど歩くと、壇ノ浦古戦場趾に着きます。

ここの壇ノ浦町にみもすそ川が流れています。小さな、ほんの小さな川で壇ノ浦とみもすそ川を混同する人は多く、関門海峡なのに何故みもすそ川なのと思われる方も多いでしょう。

有名な源平合戦に勝負がついた時、二位の尼が幼帝の「安徳帝」と入水した場所として知られています。

二位の尼の辞世の句です。

今ぞ知る みもすそ川の 御ながれ 波の下にも みやこありとは

今はその歴史を句碑に残しています、歴史ですね。

ふぐ食を「ユネスコ無形文化遺産登録」にしたい。

「ふぐ料理こそ」、ユネスコの「世界無形文化遺産」にしたいですね。
私は予てより「ふぐ料理」こそ、唯一日本固有の食文化であり、世界に誇れるものと思っています。他の食文化のルーツを辿ると、大概のものはメコンや雲南省、中国大陸や朝鮮半島にたどり着きます。
しかし、「ふぐ料理」は日本の固有です。
秀吉が「ふぐ食禁止令」を出して以来、庶民は如何にして安全にふぐを食するかを研究し、その安全性を確立して現在に至っています。
今の「ふぐフルコース」料理法が確立したのは明治期と言われています。伊東博文が「ふぐ食解禁令」を出したのが明治21年です。
現在、日本で食べて良いふぐは22種類です。この安全性に裏付けされているからこそ、「ふぐ料理」は安全なのです。
下関では「ふぐの除毒した物を身欠き(みがき)ふぐ」と呼びます。この技術は下関が世界に誇れるものです。
除毒とは、有毒部位の不可食部分(食べてはいけない部分)と可食部位(安全に食べれる部分)とに分けて処理する事を言います。だから安全な調理ができます。
厚生省では昭和58年12月2日の厚生省環境衛生局長通達以降法制化をしていて、各都道府県ではふぐ調理を免許制にして、そのふぐ食の安全を確保しています。
以下のニュースを解説すると「一匹のまふぐには毒の部分があるので販売はダメです」です。しかし、ちゃんと除毒していれば安全ですよ。ふぐには毒があります。
私たち「ふぐを調理する人達」が営々として築いてきた
「ふぐ食の安全性」は今まで通り、しっかりと守らないといけませんね。

 

何となく好きな風景

北九州市門司区にある門司港のレトロ地区。旧門司港税関そばにある石段。

波打ち際がとても好きです。何となく好きな風景です。

棚田

山口県長門市津黄(つおう)の棚田です。綺麗ですね。

棚田百選に選ばれています。

 

 

IMG_3410

今年のふぐ刺しぶっかけ丼

IMG_3352皆様に大変ご愛顧頂いています「ふぐ刺しぶっかけ丼」いつもありがとうございます。

この秋に行われます「全国ご当地どんぶり選手権」に出場する「ふぐ刺しぶっかけ丼」をリニューアルすることを決心いたしました。

色々と工夫いたしましたが、ご飯を「酢飯」に致しました。ポン酢の量を少なめにし、塩分摂取量を少

なめにする工夫を致しました。錦糸玉子と紅生姜を添えて、彩りも鮮やかに致します。

10月のビッグサイトの予選会から始めさせて頂きます。全国ご当地どんぶり選手権、頑張ります。

ご声援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ふぐスティックフライ

新製品の「ふぐスティックフライ」です。調理済の冷凍食品です。自然解凍でそのまま食べれるのがミソです。200g 税込1,000円空港や土産品店に置いています。皆さん、何卒よろしくお願い申し上げます。IMG_3437

ご当地どんぶり選手権

東京ドーム001

ふるさと祭り東京 ご当地どんぶり選手権のチラシが届きました。
2016年1月8日から17日の10日間開催されます。
皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。
招待券が若干届いていますので、ご入用の方は早めにお申し込みいただければお届け致します。

新聞に掲載されました。

IMG_2737

本日の山口新聞です。来年 東京ドームで1月8日から17日まで開催される「ふるさと祭り東京 全国ご当地どんぶり大会」が紹介されました。
頑張ります。