棚田

山口県長門市津黄(つおう)の棚田です。綺麗ですね。

棚田百選に選ばれています。

 

 

IMG_3410

今年のふぐ刺しぶっかけ丼

IMG_3352皆様に大変ご愛顧頂いています「ふぐ刺しぶっかけ丼」いつもありがとうございます。

この秋に行われます「全国ご当地どんぶり選手権」に出場する「ふぐ刺しぶっかけ丼」をリニューアルすることを決心いたしました。

色々と工夫いたしましたが、ご飯を「酢飯」に致しました。ポン酢の量を少なめにし、塩分摂取量を少

なめにする工夫を致しました。錦糸玉子と紅生姜を添えて、彩りも鮮やかに致します。

10月のビッグサイトの予選会から始めさせて頂きます。全国ご当地どんぶり選手権、頑張ります。

ご声援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ふぐスティックフライ

新製品の「ふぐスティックフライ」です。調理済の冷凍食品です。自然解凍でそのまま食べれるのがミソです。200g 税込1,000円空港や土産品店に置いています。皆さん、何卒よろしくお願い申し上げます。IMG_3437

ご当地どんぶり選手権

東京ドーム001

ふるさと祭り東京 ご当地どんぶり選手権のチラシが届きました。
2016年1月8日から17日の10日間開催されます。
皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。
招待券が若干届いていますので、ご入用の方は早めにお申し込みいただければお届け致します。

新聞に掲載されました。

IMG_2737

本日の山口新聞です。来年 東京ドームで1月8日から17日まで開催される「ふるさと祭り東京 全国ご当地どんぶり大会」が紹介されました。
頑張ります。

丼大会決戦進出、下関市長へ報告致しました。

下関市長へ決勝戦進出を報告致しました。

DSC04975 のコピー

9月26日-28日の両日、東京ビッグサイトで行われました「全国ご当地どんぶり選手権 予選会」で「ふぐ刺しぶっかけ丼」チームは見事生き残り、決勝戦に勝ち進むことができました。

ご声援いただいた皆様、会場に足を運んで頂いた皆様、本当にありがとうございました。

決勝戦は来年、平成28年1月8日から1月17日です。

場所は東京ドームです。

全国の色々な丼がお召し上がりいただけます。是非、ご来場下さいますよう、お願い申しあげます。

 

全国ご当地どんぶり選手権 決勝戦進出

9月26日-28日の両日、東京ビッグサイトで行われました「全国ご当地どんぶり選手権 予選会」に行ってまいりました。

全国選りすぐりの各県代表16チームから11チームが選出される、壮烈な戦いが繰り広げられ、「ふぐ刺しぶっかけ丼」チームは見事生き残り、決勝戦に勝ち進むことができました。

ご声援いただいた皆様、会場に足を運んで頂いた皆様、本当にありがとうございました。

2147_001

決勝戦は来年、平成28年1月8日から1月17日です。

場所は東京ドームです。

全国の色々な丼がお召し上がりいただけます。是非、ご来場下さいますよう、お願い申しあげます。

全国ご当地どんぶり選手権 出場いたします。

全国ご当地どんぶり選手権の予選会が、平成27年9月25日から27日にかけて行われます。 この度全国16の丼が選ばれ、河久も出場致すことになりました。

予選 日時 平成27年9月25日から27日

場所 東京ビッグサイト東展示場 東京都江東区有明3-10-1

ツーリズムEXPOジャパン2015「全国ご当地どんぶり選手権 予選会」

 


IMG_2665

先日、読売新聞に紹介が掲載されました。

IMG_2676 IMG_2676

 

皆さん、9月26日と27日、是非お越しください。

私が、陣頭指揮で作っています。来年の決戦を目指して頑張ります。

ここで12丼に絞られ、決戦です。

金の丼賞を目指して、栄冠を手にしたいです。皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。

決勝大会

日時 平成28年1月8日から1月16日

場所 東京ドーム 東京都文京区後楽1-3-61

ふるさと祭り東京「「全国ご当地どんぶり選手権」

重ねて、何卒よろしくお願い申し上げます。

心より、お待ち申し上げています。

日本のフグは何故安全なのか。

世界ではなぜ、フグが危険なのに、日本では安全なのだろう。

日本の食品衛生基準で明確に規定されているのがふぐの漁獲海域と22種類のふぐです。

先ず、漁獲海域は日本の沿岸若くは日本海と東シナ海と限定しています。東シナ海とは北緯25度以北の海域を言います。丁度、台湾の一番端の高尾と対岸に位置する中国の廈門(アモイを)結んだ線から北海域が東シナ海と思ってください。この海域、すなわち東シナ海と日本海及び日本沿岸が漁獲海域に指定されています。

どうして指定海域が有るのかというと、この海域のふぐ22種類は、トラフグを始めシマフグ、マフグ、ゴマフグ、シロサバフグと続きます。22種類は、皮を食べてはいけない、白子を食べてはいけないと指定されています。これを日本海、東シナ海、日本沿岸の海域で安全性を確立し法制化しています。

22種類以外のフグは流通禁止ですし、食用に供してもダメです。

それ以外の海域、すなわち南シナ海、インド洋、太平洋、大西洋のどこの海域のフグは安全性が確立できていないので、日本では食べることができません。

日本の指定海域のシロサバフグには毒がありませんが、南方のベトナム海域のシロサパフグには毒がある場合があります。

このようにして考えればわかると思いますが、長い研究の末日本のフグ食は安全です。

河久の夏特集 2015夏

河久の夏特集を掲載しています。
関門テレビの夏特集です。是非ともご覧になってください。

8月いっぱいはビールまつりです。ビールにフグてんぷら三尾 もしくはふぐ串フライ二尾で880円です。

http://kyushu.tv/2015summer/pg205.html